MENU
スポンサーリンク

RAW現像【アプリを選ぶ「基準」初心者こそ機能と安心のサービス】

本稿は、RAWデータの現像アプリ(ソフト)の選択で迷ったり悩んでいる方に向けた記事です。

RAWデータの現像アプリ(ソフト)を選ぶときのポイント、「基準」の解説と「基準」を満たした、おすすめできる現像アプリ(ソフト)の紹介をしています。

本稿の記事

◯ RAW現像【アプリを選ぶ「基準」初心者こそ機能と安心のサービス】

・現像アプリ(ソフト)を選ぶ重要な「基準」4つ

・デジカメに付属の現像アプリ(ソフト)とは

・「基準」を満たした、おすすめできる現像アプリ(ソフト)

◯ まとめ

目次

RAW現像【アプリを選ぶ「基準」初心者こそ機能と安心のサービス】

RAWデータを現像するアプリ(ソフト)は、カメラに付属しているメーカーのものから他のアプリ開発メーカー(サードパティー)製のものまで、色々あります。

その中から自分に合った現像アプリ(ソフト)を絞っていき、どれかに決める必要があります。

全部を使ってみて決められれば1番いいことですが、長期にわたって使用する必要があるでしょうし、それでも判らなかったりするので、現実的に難しいことだと思います。

ですので、多くの方は口コミや評価しているブログなどを調べる、または、人に聞くと思います。

そこで、必要になるのは判断の基準です。

しかし、未経験の方や初心者の方が、知らないこと、想像できないことを判断の基準として挙げることはできません。

下記では、私の経験から、これだけはという判断の基準を解説します。

現像アプリ(ソフト)を選ぶ重要な「基準」4つ

私が現像アプリ(ソフト)を選ぶ基準は、「安心」「安定」「機能」「価格」を見て判断します。

「機能」と「価格」は、おそらく、多くの方が1番注目する点かと思います。

「安心」と「安定」は、アプリ(ソフト)を使っていく運営上、欠かすことのできない重要な基準、条件です。

なぜなら、例えば、購入した家電やクルマが肝心なときにたびたび不具合が出たり、消耗品や部品の供給、修理やサービスの停止となった場合、いずれ使うことができなくなってしまいます。

本来ならまだ使いたくても、別のモノを購入しなければならなくなるかもしれないからです。

下記では、まず「安心」と「安定」から解説していきます。

基準「安心」

あまり、注目しない点かもしれません。

しかし、使ってみてからですと後々に余計な負担になり面倒ですので、事前に考えておいて損はないはずです。

アプリ(ソフト)の長期的な対応とサービス、アプリ(ソフト)販売の継続は絶対に欠かせないと思います。

なぜなら、対応やサービスが中止となった場合、そこから先の新しいRAWデータやパソコンなどのOSでは使用できなくなる可能性があります。

また、アプリ(ソフト)の販売中止も、いずれ対応やサービスが中止になると思われます。

もし、そうした事態になった場合、また、始めからアプリ(ソフト)を探がす、検討して決める、使い慣れる、覚えるという過程を繰り返すことになり、その労力や費やす時間は大変な負担になります。

また、保存しているデータ形式によっては、新しいアプリ(ソフト)では開くことすらできなくなることもあるかもしれません。

ですので、対応とサービス、アプリ(ソフト)販売継続の可能性が高い企業のユーザー数が多いアプリ(ソフト)を選んだ方が安心してアプリ(ソフト)の運用ができます。

基準「安定」

現像アプリ(ソフト)を使用中に、不具合やエラーが多く発生するようでは、それ自体が負担、ストレスになります。

そして、作業中に不具合やエラーが発生した場合、それまでの作業内容、データを失ってしまう可能性があります。

作業中に定期的に保存することにしても、タイミングによっては初めからやり直すことになる場合もあり得ます。

私の実体験ですが、数時間ほどの気の遠くなるような地道な作業が、水の泡に帰した、何もしていない状態になったがあります。

作業中、定期的に保存することに決めていたのですが、あと少し・・・あと少し・・・と思っているうちに起こった事態でした。

(長年やっていると、こうした経験をします・・・)

ですので、アプリ(ソフト)の安定した動作は重要です。

こうしたリスクをなるべく回避するためには、実績のある企業のアプリ(ソフト)を選ぶのがベストだと思います。

基準「機能」

「機能」は誰もが注目する点だと思います。

使いやすさはもちろんなのですが、初心者から上級者まで、幅の広いスキルのユーザーが使えるツール、しくみになっていることが大事だと思います。

例えば、初心者の方が理論的な理解をしてアプリ(ソフト)を使うことは、あまりにハードルが高すぎます。

ですので、初心者の方でも、理論的な理解がなくても、すぐに使える工夫が必要です。

例えば、感覚的に使えるようなしくみになっていることが大切です。

また、やがてスキルアップしていき理論的な理解を深めていったレベルにおいても、高度なオペレーションが可能なしくみになっていることも重要です。

なぜなら、スキルアップ、レベルに応じてアプリ(ソフト)を変えるなんて、あり得ませんので。

ちなみに、スキルアップしていき理論的な理解を深めていくほど、写真の再現力、クオリティーは高くなっていきます。

当たり前のことですが・・・

キレイにカッコよく見せることは、スキルがなくても簡単に誰でもできます。

スキルアップとはそうではなくて、、、ひたすら再現力を追求していくと基本を習得できて、うまくなります。

もう1つ、クオリティーだけでなく、クリエイティブな制作が可能な機能を装備しているか?という点もポイントです。

なぜなら、デジタル画像は自由でクリエイティブな表現が簡単にできることが特徴だからです。

ですので、クリエイティブな感覚、発想が可能な限り表現できる性能、ツールを装備していることも欠かせない点だと思います。

基準「価格」

「価格」が1番の悩みどころなのかもしれません。

無料、もしくは、単純に価格が安いにこしたことはありません。

しかし、無料、または安価な現像アプリ(ソフト)は、やはり、それなりで「基準」には及んでいません。

中には、実際に販売を停止してしまうアプリ(ソフト)もあるので、選択には注意が必要です。

上記の「基準」を満たすレベルのアプリ(ソフト)は、やはり有料になります。

また、アプリ(ソフト)のサービスだけにとどまらず、データを保存・保管できる「クラウドサービス」が付いたものがあります。

「クラウドサービス」とは、データの保存、保管ができるネット上の「データをしまう場所」のことで、ハードディスクがネット上にあるイメージです。

保存、保管だけでなく、データを消失しないためにバックアップをとる対策は必要ですから、別途にバックアップできる「データをしまう場所」が必要です。

自宅でバックアップをする場合ですと、ハードディスクなどの機器が必要になります。

バックアップをしても100%万全ではありませんが、なるべく万全な方法はやはり「クラウドサービス」です。

万が一、自宅で保存・保管、バックアップしていたデータが、停電、機器の故障、災害などで、すべて消失する事態になったとしても、「クラウドサービス」なら、データが消失する事態にはまずなりません。

また、「クラウドサービス」におおもとのRAWデータだけでも保管しておけば、画像データを作り直すことも可能になります。

アプリ(ソフト)の価格は、「基準」を総合的に考えてみて、ご自分の価値に見合っているかいないかで、高いか安いかを判断した方が良いと思います。

私は、こうした基準で決めたので、制作以外の負担や苦労はしないで済むと思います。

アプリ(ソフト)を運用していく上で、制作以外に時間をとられたり労力を使うのはとても負担、ストレスになりますので。

デジカメに付属の現像アプリ(ソフト)とは

デジタルカメラには、現像アプリ(ソフト)が付属していると思います。

まず、その現像アプリ(ソフト)を使ってみましょう。

使ってみて気になっている点、「基準」に問題がなければ、付属の現像アプリ(ソフト)で良いと思います。

ただ、現像アプリ(ソフト)はメーカー、もしくはカメラごとに変わるので、メーカー、もしくはカメラごとに現像アプリ(ソフト)が必要になります。

理由は、RAWデータは、メーカー、もしくはカメラごとに独自のデータですので、お互いに互換性がないからです。

通常の画像データは一般の共通した画像鑑賞、編集アプリ(ソフト)が使えるのに対し、RAWデータはメーカー、もしくはカメラごとに専用の現像アプリ(ソフト)が必要になるわけです。

アプリ(ソフト)をいちいち変えるなんて、すごく面倒で煩わしいと思います。

ですが、1つの現像アプリ(ソフト)だけで、ほぼ、すべてのメーカーのRAWデータにも対応し、新しいRAWデータも使えるものがあります。

この現像アプリ(ソフト)さえあれば、異なるメーカー、カメラによる互換性の煩わしいストレスは解消できます。

「基準」を満たした、おすすめできる現像アプリ(ソフト)

私がおすすめできる、「基準」を満たして、価格以上の価値がある現像アプリ(ソフト)は、Adobe社「Photoshop」です。

「Photoshop」は高度な色調補正、加工合成などのあらゆる画像編集機能を装備しています。

上記で紹介した「クラウドサービス」も付いています。

「Photoshop」は実績、ユーザー数も多く非常に優れた王道の画像編集アプリ(ソフト)であるにもかかわらず、RAWデータの現像機能「CameraRaw」を搭載しています。

この「CameraRaw」は、現像専用のアプリ(ソフト)でメジャーな「Lightroom」と同じ性能を装備しています。

1つのアプリ(ソフト)が、2つのメジャーなアプリ(ソフト)を搭載しているわけです。

使い方は、例えば、「CameraRaw」で現像を行ったあと、「Photoshop」で高度で、緻密で繊細な色調補正を行ったり、画像の加工や合成を行えます。

普通は別々のアプリ(ソフト)を起動しデータを開き直す作業を伴いますが、1つのアプリ(ソフト)で連携できてしまうため、作業にまったくストレスを感じません。

ですので、データを簡単に行き来させることができます。

私はプライベートでも使っています。

特に、下記の項目を基準にしている方、希望する方には安心して使っていただける現像アプリ(ソフト)です。

・使い方が初心者にも簡単

・スキルアップしていきながら継続して使いたい

・写真の再現力、クオリティーにこだわりたい

・今は使いきれなくても機能が万全で豊富であること

・現像だけでなく、画像の不要なゴミや電線、看板、ニキビ、シワなどを消したり、画像の傾きを修正したり、合成したり、画像処理をするかもしれない

・使い方などの情報を共有しやすい

・新しいRAWデータの対応

・アプリ(ソフト)の動作の安定

・サービス継続の安全性

無料で、製品版と同じ機能とサービスを使うことができます。

まずは、こちらの体験版で試してみてはいかがでしょうか。

Adobe「 Photoshop (CameraRaw) & 「Lightroom」を無料で試してみよう!

まとめ

RAWデータの現像アプリ(ソフト)を選ぶときの基準、「安心」「安定」「機能」「価格」について紹介しました。

私は、この基準で決めましたので、ほぼ、毎日使っていても制作以外の負担、ストレスはなく非常に快適に運用できています。

最終的には「価格」で迷われている方が多いかも知れません。

ご自分の価値「基準」と「価格」とのバランス、見合っているアプリ(ソフト)を選ぶべきだと思います。

まずは、無料で始めてみよう!Adobe「 Photoshop 」(CameraRaw) & 「Lightroom」が使えるプランを見てみる

おさらい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

写真・画像編集(補正/加工)/プリンティング・ディレクションの専門家

[ 処理点数:数十万点以上 ]
[ 実務年数:20年以上 ]

<経歴>
・スキャニング
・デジタル画像編集(現像・色調補正・加工処理)
・プリンティング・ディレクター
・カラーマネジメント
・Photoshop
・CameraRaw

<実績>
・国内海外の巨匠〜新進の写真家
・海外トップ ファッションブランド
・国公立美術館
・企業
 など
写真集・作品集・プリント・他、多数

<趣味>
登山〜街歩き・カメラ・野球観戦・音楽/映画鑑賞

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次