MENU
スポンサーリンク

撮って出しJPEGとRAW【旅先の画像で色調の再現力を比較「怒田丘陵の桜」編】

本稿では、撮って出しと呼ばれる<デジカメが記録したJPEG画像>と<RAWデータから色調補正した画像>の色調のクオリティー、再現力の違いを比較しています。

本稿では、神奈川県南足柄市「怒田丘陵の桜」の花見で撮った桜の画像を例に比較しています。

具体的にどんな違いがあるのか、差を知りたい方は必見です。

目次

撮って出しJPEGとRAW【旅先の画像で色調の再現力を比較「怒田丘陵の桜」編】

神奈川県南足柄市「怒田丘陵の桜」の花見で撮った桜の画像3種を使って、撮って出しの画像< デジカメが記録したJPEG画像 >< RAWデータから色調補正した画像 >の色調のクオリティー、再現力を比較しています。

< デジカメが記録したJPEG画像 >< RAWデータから色調補正した画像 >とは

< デジカメが記録したJPEG画像 >とは

よく、「撮って出し」と呼ばれている画像のことです。

デジカメが撮影後に独自の方法で自動で色調補正して保存した画像です。(RAWデータからご自身で色調補正をされていない画像はこれにあたり、JPEGでなくてもこの画像にあたります。)

< RAWデータから色調補正した画像 >とは

RAWデータを現像し、色調補正の原理、「基礎・基本」に則って基本的な色調補正だけを行った画像を指しています。

※ どちらの画像も、元の画像は同一(同一カットの画像)です。

「怒田丘陵の桜」編 ①:< デジカメが保存したJPEG画像 > と < RAWデータから色調補正した画像 > の比較

< デジカメが保存したJPEG画像 >

< デジカメが保存したJPEG画像 >

< RAWデータから色調補正した画像 >

< RAWデータから色調補正した画像 >

「怒田丘陵の桜」編 ②:< デジカメが保存したJPEG画像 > と < RAWデータから色調補正した画像 > の比較

< デジカメが記録したJPEG画像 >

< デジカメが保存したJPEG画像 >

< RAWデータから色調補正した画像 >

< RAWデータから色調補正した画像 >

「怒田丘陵の桜」編 ③:< デジカメが保存したJPEG画像 > と < RAWデータから色調補正した画像 > の比較

< デジカメが保存したJPEG画像 >

< デジカメが保存したJPEG画像 >

< RAWデータから色調補正した画像 >

< RAWデータから色調補正した画像 >

「怒田丘陵の桜」編:< デジカメが保存したJPEG画像 > と < RAWデータから色調補正した画像 > の比較を解説

上記の< デジカメが記録したJPEG画像 > < RAWデータから色調補正した画像 > を比較した解説をしています。

比較の解説

被写体の前後、手前と奥の様子、桜の花の淡いピンク、枝、幹、地面の草や暗部のテクスチャー、雲の階調、立体感、光感など、明確な違い、差が見てとれます。

「怒田丘陵の桜」編 ① の < デジカメが保存したJPEG画像 > は、左上の空は真っ白くなっていて、このページの背景の白との境がわからないほどです。

プロ写真家の写真集、プリントでは、紙面の白と写真との境がわからないといった色調再現はしませんので、< RAWデータから色調補正した画像 > のように、多少でも境がわかるようにすることが通常です。

ここから、もっと「映える色」に補正することもできます。

桜の花を引き立たせるために、周囲は暗くする表現も良いと思います。

意図的にもっと違い、差をつけることは可能ですが、本稿では基本的な色調補正だけを行っています。

この違い、差は、階調の再現力の違い、差によるものです。

画像、写真の色調のクオリティーは、階調の再現力で決まります。

この再現力の違い、差はスマホで撮影した画像でも同様のことが起こっています。

比較してみると、 < RAWデータから色調補正した画像 > の方が、再現力、クオリティーを高くでき、見る人に伝わる写真に仕上げられることは容易に想像できると思います。

再現力の違い、差が生じる理由

再現力の違い、差が生じる理由は、< デジカメが記録したJPEG画像 >< RAWデータから色調補正した画像 >、 それぞれの画像が仕上げられるまでの違い、差によるものです。

< デジカメが記録したJPEG画像 > は、カメラの独自の方法を使って自動で色調補正が行われ保存された画像です。

このとき、色調情報は圧縮され間引きされています。

< RAWデータから色調補正した画像 > は、最大の色調情報を保持しているRAWデータから、色調補正の原理、「基礎・基本」に則った方法で仕上げた画像です。

この方法で色調補正を行うと色調情報を最大に生かすことができるので、再現力を最大化することが可能になります。

RAWデータを使って色調補正を行っていない場合は、JPEG画像でなくても< デジカメが記録したJPEG画像 > と同等の画像を使っていることになります。

RAWの現像はアプリが不可欠【圧倒的で自由な再現力と表現力を装備したアプリ】

RAWデータを開くこと、また現像するためには、専用の現像アプリが必要です。

それだけでなく、現像から色調補正まで行って再現力を最大化すること、さらに自由で独自の感性、表現を実現して作品として完成させるまでを、1つのアプリで完結することができます。

そのアプリは、Adobe「 Photoshop 」(CameraRaw) です。

Adobe には「Lightroom」という現像に特化した、こちらも有名なアプリがありますが、

緻密な色調補正や自由で独自の感性、表現力を発揮したい方には、Adobe「 Photoshop 」(CameraRaw) がおすすめです。

RAWデータの現像だけでなく、色調補正、画像処理、合成、あらゆる編集まで、独自の自由な表現を、一つのアプリで完成させることができます。

圧倒的な機能を装備し、最高レベルの画像に仕上げることができます。

初心者の方からプロになってからも使うことができる、もっとも実績がある有名な画像編集アプリです。

初心者の方から第一線のプロ写真家まで、非常に多くのユーザーがこのアプリで作品を作っています。

Adobe「 Photoshop 」(CameraRaw) と 「Lightroom」の両方が使えるプランもあります。

※ 本稿の画像は、Adobe「Photoshop」を使って、色調補正、編集のすべてを行っています。

まずは、無料で始めてみよう!Adobe「 Photoshop 」(CameraRaw) & 「Lightroom」が使えるプランを見てみる

おさらい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

写真・画像編集(補正/加工)/プリンティング・ディレクションの専門家

[ 処理点数:数十万点以上 ]
[ 実務年数:20年以上 ]

<経歴>
・スキャニング
・デジタル画像編集(現像・色調補正・加工処理)
・プリンティング・ディレクター
・カラーマネジメント
・Photoshop
・CameraRaw

<実績>
・国内海外の巨匠〜新進の写真家
・海外トップ ファッションブランド
・国公立美術館
・企業
 など
写真集・作品集・プリント・他、多数

<趣味>
登山〜街歩き・カメラ・野球観戦・音楽/映画鑑賞

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次